多井隆晴の強さと年収/結婚してる?出身大学も気になる【麻雀プロ】

麻雀プロ多井隆晴(敬称略)はどれほど強いのか?

大学は出たのか?

年収や結婚の有無について。

加えて、アンチが多いのはなぜか?

連盟脱退の理由など、気になることが尽きません。

こんにちは「じじまが」です。

Mリーグをはじめとする麻雀界のみならず、各方面で精力的に活躍。

自分でつけた「最速最強」のキャッチフレーズ。

自分で自分を「トッププロ」と言うトッププロ。

情報量の多すぎる解説。

クセの強い名言、対局中の顔芸の件など。

そんな多井隆晴のあれこれを、本人のツイッターやYouTubなどからもほじくり返してきました。

最後までお付き合いのほどよろしくお願いいたします。




【多井隆晴】wiki風プロフィール

林修先生に似ていると言われる多井隆晴。

昔の写真を見るとちょっと神経質そうですが、賢そうでシュッとしたイケメンでした。

  • 名前:多井隆晴(おおいたかはる)
  • 出身地:東京都葛飾区
  • 生年月日:1972年3月17日
  • 趣味:映画、アニメ、漫画、アイドル
  • 所属団体:RMU(代表)
  • プロ入会:1995年(日本プロ麻雀連盟)

2006年に日本プロ麻雀連盟を脱退、2007年にRMUを設立して代表に就任しています。

獲得タイトルは…。

  • 第11期プロ新人王
  • 麻雀日本シリーズ優勝(第1回・第2回
  • 日本オープン優勝(第1回・第9回)
  • RMUリーグ優勝(第1期・第3期・第6期・第8期)
  • 第5期RMUクラウン優勝
  • 第31期王位
  • 第1回RMU長崎麻雀選手権あじさい記念優勝
  • RMUアワード最優秀選手賞(2007・2009~2013)
  • オープンリーグ優勝(2011・2013)
  • 2013クライマックスリーグ優勝
  • 2014GⅢウエスタン優勝
  • 前期クライマックスリーグ(2016・2017)
  • RTDマンスリーリーグ2016優勝
  • 2016年度四神王座優勝
  • 極雀位(第1回・第2回)
  • 2016年度RMUスプリントカップアースカップ優勝
  • 麻雀最強戦2020優勝

その他、TV番組の企画対局での優勝などは数えることが出来ないレベルです。

書くのも読むのも面倒くさいほど勝ってる多井隆晴の獲得タイトル。

もうわかった!…っていうくらいの強さ。

自信があるとはいえ「最速最強」を自称してきた多井隆晴。

2020年の最強位戴冠は悲願だったことでしょう。

最速最強】多井隆晴の強さ

この投稿をInstagramで見る

Loki Li(@loki19920305)がシェアした投稿

「最速最強」の異名は今や多井隆晴のキャッチフレーズですが、元々は多井隆晴自身が考えてつけたものです。

「誰も使ってないのなら言ったもの勝ちだ」

…と最強を名乗るリスクなどは深く考えなかったそうです。

多井隆晴はどれほど強いのか?

本当に最強なのか?

その強さ、誰もが気になる疑問です。

例えば獲得タイトルの数で言えば、ダントツ1位。

間違いないでしょう。

むしろ、これほど貪欲にタイトル戦に挑んだ麻雀プロ。

他にいません。

連盟を脱退、新団体のRMUを設立。

代表に就任した多井隆晴。

新団体RMUに対する世間からの認知を得るために、

どうしても他を圧倒する数の、タイトルが必要だったと考えられます。

獲得タイトルの数が最強を証明する訳ではありません。

でも、獲ろうと思って獲れるものではない。

それは確かですよね?

多井隆晴の強さ、本物です。

【Mリーグ】多井隆晴の強さ

2018年に発足したMリーグ

最もステータスの高い麻雀のプロリーグです。

渋谷ABEMASに所属、リーダーとしてチームを支える多井隆晴は、Mリーグ2018のレギュラーシーズンを個人成績トップ(476.3ポイント)で終えています。

【Mリーガー強さランキング】男性麻雀プロ20人の一覧-2021-

2位(314.8)以下を大きく引き離してのスコアでしたが、Mリーグ2020でKONAMI麻雀格闘俱楽部の佐々木寿人に塗り替えられました。

【佐々木寿人】地和で卓トラブルまで起こした魔王は嫁も麻雀プロ!?

真に最強であることを証明するハードルはなかなかに高く、その高さすら見えるものでもないようです。

打牌選択のミスがほとんどない多井隆晴。

辛口YouTuber「麻雀警察ひろー」も高評価をつけています。

(別件でひと悶着ありましたが…)

【麻雀警察ひろー】本名や年齢、出身地や天鳳の実力は?凍結の理由も

いずれにしても、多井隆晴が日本の麻雀プロの中でも最強クラスであること。

数少ないトッププロの1人であることは間違いないでしょう。




【多井隆晴】年収は最強?

この投稿をInstagramで見る

日向藍子(@hinata_aiko_)がシェアした投稿

多井隆晴の推定年収は3000万円前後です。

【Mリーガー年収ランキング】男性麻雀プロ20人の一覧-2021-

麻雀プロの収入でメインとなるのは雀荘などのイベントです。

ゲスト出演料の単価を左右するのが人気や知名度。

その点、多井隆晴は人気・知名度ともにトップクラス

当然ギャランティも相当額になると思って差し支えないでしょう。

解説の仕事でも、オリジナルのジョークをふんだんに盛り込む多井隆晴。

  • 海より広いイーシャンテン
  • 手牌が赤ドラだらけ、ザリガニより赤い

など、一部のマニアにはバカウケなのかもしれない名言が飛び出します。

老若男女どれかにヒットすればいいと考えているのでしょうか?

スベりを恐れない強靭なメンタルです。

こんな解説により麻雀を知らないファンも増加傾向。

多井隆晴引っ張りだこ。

仕事は増える一方です。

そんな多井隆晴の活動範囲は、麻雀のみならず競輪、競馬、オートレース、ボートレース、麻雀本YouTubeなどさらに広がり続け、Vtuberとのコラボも検討中。

多井隆晴の著書です。

  • 「多井隆晴の最速最強麻雀」2006年毎日コミュニケーションズ
  • 「最速最強麻雀・多井隆晴の最新麻雀戦術」2010年 毎日コミュニケーションズ
  • 「多井熱」2018年 竹書房
  • 「必勝!麻雀実戦対局問題集 (近代麻雀戦術シリーズ)」2020年 竹書房

「最速最強」のキャッチフレーズとそれを裏切らない実績は、麻雀が強くなりたいファンの購買需要を刺激していることでしょう。

推定年収を算定するにあたって特に注目したのは、多井隆晴の仕事の量でした。

ほとんど寝る時間など無いのではないでしょうか?

自己アピール力、自己プレゼン力、さらに自己プロデュース能力は「最速最強」と言っていいでしょう。

これが地上波で人気のタレントだったら、年収 1億円は軽く超えているはずです。

出演番組のほとんどが地上波ではないことを考慮。

推定年収3000万円前後と結論づけました。

多井隆晴の年収、今後はさらに増えると思われます。

お金の次はもちろん女性。

多井隆晴は結婚している?していない?…です。

【多井隆晴】結婚はしてる?彼女は?

この投稿をInstagramで見る

小松彩夏(@official_ayaka_502)がシェアした投稿

今やアラフィフの多井隆晴ですが、結婚はしていません

答えが分かってしまったところで、多井隆晴の女性の好みや結婚観について(いらん)検証をしてみました。

「ここんとこずっと彼女もいない」と言う本人の弁も本当のようです。

昔は「ちょっとはモテた」そうなのですが、今では「告白してもいないのにフラレる」んだとか。

「昔から麻雀ばっっっ…かりやってたからほとんど女性と付き合ったことないの」

と語る多井隆晴…わかる気がします。

女性ファンから見ても、多井隆晴の「麻雀」の部分が大きすぎて、人間(もしくは男性)多井隆晴がその陰に隠れてしまうのかもしれません。

多井隆晴の好きな女性のタイプは若い頃から随分と変わったようです。

  • 10代:自分(多井隆晴)のことが好きな女性
  • 20代:優しくて自分より背が低い女性
  • 30代:アイドルのような女性
  • 40才~現在:気を使わないでいい女性

今でもアイドルが大好きな多井隆晴。

AKB、NMBの握手会に月10以上行っていた時期もあったとか。

顔バレしてからは迷惑をかけてしまうので行けなくなってしまったそうです。

今でもすごく行きたいんでしょうね?

麻雀のスタイルがやや守備寄りの多井隆晴。

結婚観も似たようなところがあるようで、結婚した場合のデメリットを脳内シミュレーションしてしまうんだとか。

例えば、(独身の)現在は普通にやっている”女性の友人を交えてのセットで徹夜麻雀”などは、「できなくなるんだろうな~」など。

「相手もいないのに?」とツッコミが入っていました。

でも、いい歳をした独身男の結婚観なんてこんなもんです。

わたくし「じじまが」なんぞ、結婚が決まったあとでもグズグズ同じようなことを考えていました。

いっこうに女性や結婚の話が持ち上がりませんが、麻雀プロとしてエンタメ性に非常にこだわり、常に自分のメイク道具を持ち歩き、言動も一歩派手目に踏み込む多井隆晴です。

その時が来れば、華やかなパフォーマンスを見せてくれるのではないでしょうか?

芸能人に例えれば、玉置浩二と青田典子のような…。

(ちなみに、化粧品は「お母さんが選んで買ってくれる」と本人が申しておりました)

続いては多井隆晴の学歴ですが、これはほとんどベールに覆われています。

わずかな手がかりを探してみました。




【多井隆晴】出身大学や高校は?

卒業生達が帽子を投げる

  • 「多井隆晴の出身大学についての情報はありませんでした」
  • 「しかし一部上場の証券会社に勤務していたという情報があります」
  • 「したがって、それなりに優秀な大学を卒業しているのではないでしょうか?」

多くのブロガーさん達がこう結んでいました。

はたしてそうでしょうか?

大きな疑問が残りませんか?

何と言っても「情報が全くない」のが一番不可解な点です。

大学だけでなく高校の情報も「全く」ありません。

自分のことを語るのが大好きな多井隆晴が全く語っていないのです。

知人からの情報もゼロだし、質問するインタビュアーもいない上に、キンマWebのライターさんもその点には触れません。

何か…「忖度しろよ!」…的な声が聞こえてきそうな…。

わたくし「じじまが」まさか○し屋に暗○なんてされませんよね?

唯一の手掛かりが多井隆晴本人のツイートでした。

おそらく多井隆晴の学歴に関する唯一ポジティブな情報なのだと思われます。

直前で行った「違う学校」の学校名も語られない理由については…

  1. 卒業しなかった
  2. 過去に事件などがあり、現在はネガティブなイメージがある
  3. 現在、社会的に承認されていない学校
  4. 統廃合などで無くなってしまった
  5. 多井隆晴本人が公表したくない

などが考えられます。

多井隆晴の学歴は語らない。

暗黙の了承があるようです。

いずれにせよ、合格した専修大学松戸高校は、現在偏差値が72もある優秀な高校なので、多井隆晴がかなり賢かったことは間違いありません。

大学の情報がないのは、単純に行ってなかったからだと考えるのが普通でしょう。

わずかに存在する情報と、膨大に存在しない情報をまとめると、多井隆晴の学歴は…。

『中卒もしくは高校中退』

これが最も正解に近いと結論づけました。

むしろ、一部上場企業(証券会社)への就職は、多井隆晴の自己プロデュース能力・自己プレゼン能力の高さや頭脳の明晰さを証明するものであると考えます。

麻雀も強い訳です…。

そんな多井隆晴、1995年に入会した日本プロ麻雀連盟を、2006年に脱退しています。

次はその理由や経緯などです。

【多井隆晴】連盟脱退の理由

路面に写る人影

多井隆晴が麻雀プロになって一番驚いたことは、プロのリーグ戦に出場しても対局料はもらえず、逆に参加費を支払うことだったと語っていました。

その頃から、自分が麻雀プロになった意義を考えて一つの結論に達したそうです。

  • 後輩プロの収入を安定させたい。
  • そのために、麻雀の市場規模を広げる必要がある
  • 自分たちが今やるべきことは、麻雀の普及活動とステータスの向上をはかること

同様の思いを持つ若手や先輩プロと共に活動を続けたのだとか。

具体的には一つの団体の中だけで戦うリーグ戦ではなく、他団体との対戦や交流イベント、勉強会などを精力的に重ねていったようです。

ところが、上層部の許可は取ったはずの活動に行き違いが発生していたらしく、知らないうちに連盟内での立場が悪くなっていたのだと。

脱退は多井隆晴が自ら飛び出したのではなく、「気づいた時には辞めざるを得ない状況になっていた」と後に語っていました。

この連盟との「行き違い」、察するに「上層部の意見が統一されない」という巨大組織あるあるだったのでは。

2006年に連盟を脱退した多井隆晴。

2007年、志を共に脱退した連盟のトッププロ達と、新団体RMUを設立しました。

当時、連盟を代表するトッププロ達の離脱。

麻雀界では大きく取り上げられました。

連盟にとってはかなりの痛手だったでしょう。

その後、紆余曲折はあったもののRMUは当初の理念のもと、多井隆晴を代表として活動を続けています。

現在は連盟や他団体もこの理念を共有する傾向にあります。

多井隆晴の連盟脱退。

麻雀界そのものを大きく変えるきっかけになったみたいですね?

自己アピールが「最強」の多井隆晴。

やはりアンチの方もたくさんいらっしゃいました。

気になるのでちょっと覗いてみました。




【多井隆晴】アンチの数もトッププロ

そういえば「麻雀警察ひろー」ともひと悶着あった多井隆晴。

ツイッターのツイート数は麻雀プロNO.1でしょう。

それが原因かどうかはわかりませんが、アンチの数も多いようです。

「多井隆晴」のワードで検索をすると、「なんj」という見たことない単語が現れました。

「何だろう?(ダジャレはやめておきます)」と思ってクリックしてみると、結構なバトルが繰り広げられているではないですか。

「なんjとは?」で検索した結果。

2ちゃんねるの板の一つである、なんでも実況J(ジュピター)の略称。
2ちゃんねるの他の板とは異なる独特の文化を持つ。

との説明が…。

ネット社会新参者のわたくし「じじまが」なんぞにこれ以上理解できる訳もなく、「多井隆晴 なんj」で検索したところ…!

「多井隆晴氏にアンチが多い訳」の見出しを見つけました。

業界用語で「板」と言われるそれを開いてみた次第であります。

安全な所から乱闘を覗いた野次馬の気分。

そんな野次馬が読み取った内容ですが、以下のようなものでした。

  • アンチの数は想像以上に多い
  • 対局中の顔芸がかなり評判が悪い
  • アンチのほとんど最初は多井隆晴のファンだった。
  • アンチも多井隆晴の強さは認めている。
  • むしろ熱狂的なファン(信者)の煽りが火にガソリンを注いでいる。

個人的にこんな印象を受けました。

あまり詳しい内容は、ここでは控えておいた方が良さそうです。

日向藍子のチャンネルにゲスト出演した多井隆晴。

小学校時代のこんなエピソードを語っていました。

知能テストの結果、知能指数がずば抜けて高かったのだと。

担任の先生、多井隆晴少年が「かなり変わった子」であること、「知能指数が非常に高い」ことに不安を感じて、親を呼び出されたそうです。

将来、恐ろしい犯罪者にならないか?…本気で心配していたみたいですね。

今も「かなり変わった大人」で「頭がメチャメチャ良い」多井隆晴。

アンチが多い程度で、むしろ良かったんじゃないでしょうか?

【AbemaTV】多井隆晴の麻雀・解説を見よう

テレビ観戦する女性

最速最強のキャッチフレーズ。

多井隆晴のミスのない打牌や話題の解説。

実際にその目で見てみたいと思いませんか?

AbemaTVならMリーグで戦うトッププロの麻雀が全て視聴できます。

麻雀以外の番組も(映画、アニメ、ドラマ、スポーツ、バラエティなど)いっぱいありますよ。

リアルタイムでの視聴なら無料!

登録の必要もなし。

テレビと同じ感覚です。

「放送時間を逃してしまった!」「過去の番組も見たい!」

そんな方におすすめなのが、有料(月額960円)のABEMAプレミアム

麻雀以外の豊富なラインナップも気になります。

いつでも簡単に解約できるのが安心ですよね?

無料体験は初回のみなので、ご自分のスケジュールと相談してポチるのがいいでしょう。

見放題を思う存分!…あなたは何を見ますか?

今すぐポチって視るAbemaTV 無料体験

新年は高級おせち料理で一杯やりながらⅯリーグ観戦

…なんてどうでしょう?

おせち料理を見る特選おせち料理2021

外出よりも安上がりな贅沢!いいですねぇ~

【多井隆晴】まとめ

この投稿をInstagramで見る

Hagiwara Masato(@hagiwaramasato_ml)がシェアした投稿

多井隆晴。

1995年日本プロ麻雀連盟に入会してプロ麻雀士に。

2006年に脱退。

2007年RMUを設立して代表に就任。

自ら名乗った「最速最強」の異名を、獲得タイトルの数と実績でキャッチフレーズとして定着させた実力派のトッププロです。

渋谷ABEMASのリーダーとして活躍中のMリーガーで、2018年のレギュラーシーズンを個人成績トップで終えました。

Ⅿリーグ全8チームを強さランキング形式で紹介【シーズン2021】

ほとんどミスのない打牌でチームのポイントを稼ぎ、独特の解説は話題を呼んでいます。

1972年生まれ、東京は葛飾区の出身。

映画、アニメ、漫画、アイドルなどが趣味で、自他共に認めるかなりのオタクです。

推定年収(じじまが推定)は3000万円~4000万円

人気、知名度、仕事の幅の広さと仕事量を考慮しました。

結婚はしていません。

彼女もいません。

こう書くとメチャメチャさびしいだけの男みたいですが…。

「昔から麻雀ばっかりやってたから彼女いたことほとんどないの」

かなりリアルな回答でした。

一部上場企業に勤務していたということなので、良い大学を卒業したのでは?

という意見もありますが、高校・大学ともに一切の情報がないので、総合的な「じじまが判断」で、多井隆晴の学歴は中卒もしくは高校中退であろうと結論づけました。

学歴など必要ないほど優秀な多井隆晴です。

連盟所属のプロになってからは、後進のために麻雀界を変えようと精力的に活動を続けてきた多井隆晴ですが、連盟上層部との行き違いから苦しい立場に…。

2006年日本プロ麻雀連盟を脱退。

2007年RMUを設立して代表に就任。

当初の理念のもとRMUは現在も活動中です。

実力と独特のキャラクターで多くのファンをもつ多井隆晴ですが、アンチの声も豊富でした。

元ファンのアンチが多いのが気になります。

ほとんどのアンチも多井隆晴の強さは認めていますので、独特のキャラクターのほうに原因がありそうです。

自己アピール、自己プロデュース、自己プレゼン能力は抜群で頭脳明晰なことは間違いない多井隆晴。

今後もしばらくは、麻雀界で話題の中心に君臨するのではないでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

「じじまが」

網走水産

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする