【岡田紗佳】美人麻雀プロでモデル女子のしくじりエピソード

東1親番で開局そうそうノーテンリーチ?

チョンボ直後の同1本場、親の役満ツモ?

しかも「九連宝燈」って…。

こんにちは「じじまが」です。

今回は、麻雀に興味のない人でもご存じの美人雀士岡田紗佳プロです。



【美人プロ麻雀士】岡田紗佳wiki風プロフィール


本名:岡田紗佳(おかだ さやか)

生年月日:1994年2月19日(うお座)

出身地:東京都

身長:170cm

3サイズ:B 85cm、W 58cm、H 83cm

靴のサイズ:24,5cm

血液型:O型

職業:ファッションモデル、グラビアアイドル、プロ麻雀士

所属芸能プロダクション:アーティストハウス・ピラミッド

所属団体:日本プロ麻雀連盟

Mリーグ所属チーム:KADOKAWAサクラナイツ

Ⅿリーグ全8チームを強さランキング形式で紹介【シーズン2021】

特技:北京語、上海語、英語、中国古筆、クラリネット演奏

趣味:買い物、化粧、歌、漫画、ゲーム、フィギュア収集

モンスターハンター公式運営ファンサイト「モンハン部」女子マネージャー

Twitterフォロワー数:11.5万人(1位/女流Mリーガー10人)

【麻雀プロ】女子Mリーガーランキング/Twitterフォロワー数からみる人気

6歳~6年間、母親(中国人)の実家である上海の祖母宅(雀荘経営)で過ごしたそうです。

そんな環境で小学生の頃から麻雀をはじめています(ただし中国ルール)。

自称「運動アレルギー」。過度な運動で蕁麻疹が発生し、救急搬送された経験あり。

美人で多趣味で多才。エピソードはたくさんありそうですね?

【麻雀女子】岡田紗佳の経歴


2009年青山学院高等部に入学。

2011年、non-noモデルオーディションでグランプリ受賞。

2012年青山学院大学国際政治経済学部に進学、2016年に卒業。

2012年2月号から専属モデルとなる。

2012年4月~2016年3月、『ネプ&イモトの世界番付』に「紗佳」の名で出演。

2017年4月、日本プロ麻雀連盟に所属。プロ雀士となる。

2018年3月20日発売の5月号を最後に『non-no』専属を卒業。

2018年9月28日、フジテレビONEの『芸能界麻雀最強位決定戦THEわれめDEポン#121』で、役満「九連宝燈」をツモ上がる。

2019年、KADOKAWAサクラナイツよりドラフト指名を受けMリーガーとなる。

経歴が華々しいですね?TVのキー局だけでも多数出演しています。

ZIP!(日本テレビ)、TOKYO BRANDNEW GIRLS(テレビ東京)、ネプ&イモトの世界番付(日本テレビ)、ポンコツ&さま~ず(テレビ東京)、大学対抗麻雀駅伝(テレビ東京)、ネプリーグ(フジテレビ)、よじごじdays(テレビ東京)…他。

ゲスト出演だけでなく、レギュラー、準レギュラー、パネリストとしても出演してるんです。

「本当に麻雀のプロの人なの?」と思ってしまいますよね?

他にも、ラジオ、ファッションショー、映像や写真集、漫画の原作、雑誌のコラム…。

多岐にわたる活動に…もう訳わかりません。

可愛くてスタイル抜群、美人麻雀プロ岡田紗佳。

映像からは、男らしく気さくで、おっちょこちょいな性格がうかがえます。

番組企画のゲームなどでは、その負けん気をいかんなく発揮している麻雀女子岡田紗佳。

そんなところがビジュアル以上に女子としての好感度を上げているのではないでしょうか?



【麻雀女子】岡田紗佳の獲得タイトル

  • 女流雀士プロアマNo.1決定戦てんぱいクイーン3期
  • 八局麻雀5・7優勝
  • THEわれめDEポン優勝2回
  • 第2回クイーンズリーグ優勝
  • 第5期Lady’s麻雀グランプリ前期リーグ、CLIMAX優勝
  • 麻雀最強戦2020最強の女流プロニュースター決戦優勝

やはり芸能人参加型の番組企画は多いですね。

プロ協会公認のビッグタイトルはまだありません。

プロデビューからのキャリアが短いからでしょうか。

【最年少Mリーガー】岡田紗佳の麻雀しくじりエピソード

膝をついて絶望する女性

日本ルールの麻雀をはじめたのは大学4年の終わり頃。

麻雀を覚えた直後から麻雀番組のオファーが殺到。

覚えたてでしくじり

2度目の実戦がテレビ東京の『大学対抗麻雀駅伝in箱根』(2016年1月放送)

麻雀女子岡田紗佳、ここでしくじりました。

”少牌”というチョンボをやっちゃってます。

これは初心者あるあるですが、2度目がテレビって…。

テレビではすでに活躍してましたからね。

プロになったのは2017年4月、キャッチフレーズは、「完全武装アフロディーテ」。

ネーミングセンスに昭和の香りを色濃く感じてしまうのは私「じじまが」だけでしょうか?

プロでもしくじり

2018年『芸能界麻雀最強位決定戦THEわれめDEポン』(テレビ朝日)

ここでも女子プロ岡田紗佳しくじってます

東1局の親でリーチの切り牌を間違えて”ノーテンリーチ”

全国放送でやってしまいました。ところが、

その直後の東1局1本場、「一生に一度上がれるか?」「上がったら死ぬ」とまでいわれている超レアものの役満”九連宝燈”をツモあがります。

もちろん番組は大盛り上がり。視聴者に強烈なインパクトをあたえました。

この落差の激しいこと、「持ってる」としか言いようがありません。

ヤバい!Mリーグでもしくじっちゃいました

床をたたいて悔やむ女性

プロになってわずか2年後の2019年、Mリーグに新しく発足したチーム・KADOKAWAサクラナイツにドラフト指名され、最年少Mリーガーとなります。

芸能人を交えての麻雀番組ではチョンボもポジティブなハプニングでしたが、Mリーグ公式戦となれば、批判・炎上の引き金になります。

女子プロ岡田紗佳、1年目の公式戦でしくじっちゃいました。

南4局(オーラス)一本場、点数計算ミスによる差し込みで順位を落としてしまいます。

単独トップ→同点トップ。

岡田紗佳、試合後のインタビューで謝罪、痛烈に後悔している様子は痛々しいほどでした。

さすがに公式戦でのこのミスには多くの批判がよせられ、物議をかもしました。

心無い誹謗、中傷はありましたが、彼女の今後に期待を込めた先輩プロからの愛ある叱責がもっとも的を得ていたと思います。

はい、期待しましょう。



岡田紗佳まとめ


ファッションモデル、グラビアアイドル、芸能人として活躍。

プロ麻雀士としてもビジュアルで頭ひとつ抜き出た美人雀士。

幼少期から中国で麻雀牌に慣れ親しんできたセンスはなかなかのもの。

芸能界で切磋琢磨してきたトーク力は、決してファンを退屈させません。

努力のエンターテイナー岡田紗佳。

プロデビューから2年でのMリーグ指名は異例のスピード出世です。

公認のビッグタイトルはまだ獲ってません。

それ故ミスをすれば誰よりも叩かれます。

2019年のミスでは、体調不良をおこすほど動揺した岡田紗佳。

それでも持ちまえの明るさ、負けん気で必ず復活してくるのが麻雀女子岡田紗佳。

ここからさらに目が離せません。

【Mリーガー年収ランキング】女流麻雀プロ12人の一覧-2021-

岡田紗佳をその目で見よう【AbemaTV】

グラビアアでは見られないMリーグで戦う岡田紗佳の表情。

実際にその目で見てみたいと思いませんか?

【Mリーガー強さランキング】女流麻雀プロ12人の一覧-2021-

AbemaTVならMリーグで戦うトッププロの麻雀が全て視聴できます。

麻雀以外の番組も(映画、アニメ、ドラマ、スポーツ、バラエティなど)たくさん。

リアルタイムでの視聴なら無料!

登録の必要もありません。

テレビと同じ感覚です。

「放送時間を逃してしまった!」「過去の番組も見たい!」

そんな方におすすめなのが、ABEMAプレミアム14日間無料体験。

月額960円がタダ見放題です。

無料体験期間中に解約すればお金は一切かかりません

麻雀以外のラインナップも豊富。

見放題を思う存分!…あなたは何を見ますか?

今すぐポチって視るAbemaTV 無料体験

新年は高級おせち料理で一杯やりながらⅯリーグ観戦

…なんてどうでしょう?

おせち料理を見る特選おせち料理2021

外出よりも安上がりな贅沢!いいですねぇ~

追記

この投稿をInstagramで見る

岡田紗佳(@sayaka_okada)がシェアした投稿


自身のMリーグシーズン2年目、2020年10月14日、岡田紗佳。

インスタグラムで新しいヘアスタイルを公開。定番のショートボブに、KADOKAWAサクラナイツをイメージしたピンク系のインナーカラーをがっつり入れ、指先の”サクラネイル”と合わせて気合の登場!

やはり期待は高まるばかりですよね?

最後まで読んで頂きありがとうございました。「じじまが」

網走水産

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする