高宮まり【美人プロ麻雀士の年収は?】成績や経歴、結婚について

こんにちは「じじまが」です。

皆さんは、すでにご存じではないですか?

僕はこの人にたどり着きました。

可愛くて強いグラビアアイドルにして美人プロ麻雀士。



【女性プロ雀士高宮まり】その実力と成績!ニックネームは?

この投稿をInstagramで見る

Masa☆(@masa3886)がシェアした投稿


彼女がプロ麻雀士としての存在感を示したのはこのタイトル戦ではないでしょうか?

2013年8月

第11回女流MONDO杯に挑戦した高宮まり。

第二戦が彼女の初戦となりました。

対戦相手はタイトルホルダー、無冠の帝王といった、

貫禄のベテラン勢。

彼女の最初の印象は「雌豹の群れに迷い込んだ小鹿」

緊張のせいでしょうか?

おとなしい麻雀で3位

しかし、これでほぐれたのか、第4戦でトップ。

つづく第7戦では、

女王二階堂瑠美をおさえての連続トップ。

第10戦ラスを引くも、

予選トータル45.0ポイントの成績。

暫定4位で8人の準決勝枠に。

準決勝第2戦

83.5ポイントのビハインドから、

猛烈な追い上げを見せる女王二階堂瑠美。

高宮かろうじて逃げ切り、4位で決勝に滑り込む。

女王無念!

ちなみにこの二階堂瑠美プロ。

とても美しい方なのですが、所属団体が厳格なのか、

どんなに探しても水着画像は見つかりません。

あれば非常にケシカランのだが…じじまが無念…。

決勝戦

始まってしまえば初戦の彼女の印象はどこへ。

半荘2回で驚異の成績をのこします。

2戦連続トップ。しかも、

予選・準決勝を勝ち上がってきたベテラン、

強豪、タイトルホルダーの対戦者達が、

全員マイナスというフルボッコ!

2位に126.5ポイントの大差をつけて優勝!

まるで悪役。

彼女には、

「猛撃のプリンセス」「淑女のベルセルク」なんて異名がつけられています。

このタイトル戦の印象がネタ元になっているのかもしれませんね?

  • 第11回女流MONDO杯
  • 第8期夕刊フジ杯争奪麻雀女王決定戦
  • 第1回女流プロ麻雀日本シリーズ
  • 地方リーグチャンピオンシップ2019

彼女が獲ったタイトルです。

実力は折り紙付きってことでいいでしょうか?



【高宮まり】wiki風プロフィール、身長・スリーサイズなど

この投稿をInstagramで見る

高橋 計局(@kazu_taka1001)がシェアした投稿


本名:高宮茉莉(漢字なんですね)

生年月日:1988年11月8日(さそり座)

誕生日占いによると1988/11/8生まれの女性は『一度やると決めたことは、

どんなに時間がかかっても最後までやりぬく人』だそうです。

血液型:O型

出身:茨城県

れんこん収穫量全国一位。メロン出荷量全国一位。干し芋シェア全国の9割。

絶品あんこう鍋。

海の幸、山の幸に恵まれたいばら

身長:153cm

体重:非公開です(まあいいじゃないですか)

スリーサイズ:B83(cup)W59 H86

趣味:スノーボード カラオケ

職業:プロ麻雀士 グラビアアイドル

所属:日本プロ麻雀連盟

Mリーグ所属チーム:KONAMI麻雀格闘俱楽部

Ⅿリーグ全8チームを強さランキング形式で紹介【シーズン2021】

Twitterフォロワー数:9.1万人(2位/女流Mリーガー10人)

【麻雀プロ】かわいいMリーガー女子12人の人気ランキング-2021-

趣味から察すると、活動的な方のようです。

ストレスはテンションを上げて解消するタイプのようですね。

小柄で細身でGカップ…こっ…これはかなりの破壊力!

【美人プロ麻雀士高宮まり】教えて欲しい年収と経歴

お金が入りきらなかったブタの貯金箱

先に結論を言います。年収は、

約1,000万円

です。ほぼ間違いないでしょう。

【Mリーガー年収ランキング】女流麻雀プロ12人の一覧-2021-

給与明細という番組(2018年9月30日)で公表していた金額です。

「いろいろまとめて1,000万円前後だと思います」

彼女自身がインタビューに答えていました。

内訳を推測します。

プロフィールにあるように、彼女の職業(収入源)は麻雀とグラビア。

グラビアアイドルとしての仕事では、

DVD:年間1本くらい

グラビア誌:年間約2冊くらい

他に番組のゲスト出演などがありますが、グラビアアイドルとしては少ないです。

収入は200万円にはちょっと届かないのではないでしょうか?

「仕事の主軸は麻雀」と言っていた彼女ですが、

責任感の強い彼女。受けた仕事には手を抜きたくないと、

全力でできる本数におさえているのかもしれません。

麻雀プロの仕事は一般に、

  1. 雀荘に勤めてメンバーとしてはたらく。
  2. 雀荘などのイベントにゲスト出演。
  3. メジャー・マイナーなタイトル戦に出場。賞金を獲得する。
  4. テレビ・雑誌など
  5. 雀荘を経営する。

というのが挙げられますが、

彼女の場合「1」「5」は無いでしょう。

「1」ならすでに話題になっているし(過去にバイト時代はありましたが)

「5」なら彼女自身が広報するでしょう。

「3」の賞金も割合とすれば大きくはないと思われます。

日本プロ麻雀連盟によれば優勝賞金は300万円~10万円。

マスコミ等で主催するタイトル戦でも変わらないそうです。

【優勝賞金5000万円年棒最低400万円】プロ麻雀リーグ「Mリーグ」については後ほど。

彼女の獲得賞金を推測すると、

7年間でおよそ400万円~600万円。年平均100万円弱かと。

4.テレビ・雑誌

残念ながら社会的にはまだマイナーな麻雀番組。

出演料に大きな予算を組めるとは考えられません。

150万円前後でしょうか?

以上のことから大胆に推測すると、

「2.雀荘などのイベントにゲスト出演」

6~7割これで稼いでいることになると言えます。

現実的に考えてもこの仕事だけで1000万円充分いける。と思えます。

結論をまとめると、

テレビ・雑誌・グラビア・DVDなどで露出。

さらにタイトル戦で実力を証明することで、

麻雀界での認知度を上げる。

直接集客につながる雀荘なら、

イベント出演料も上げやすいでしょう。

テレビ・雑誌・グラビアに比べ

拘束時間が短いことも大きいはずです。

高単価で数をこなせる雀荘などのイベントをメインに、

グラビア・TV・雑誌・タイトル戦の

出演料、賞金をあわせて、

約1000万円

と結論づけてみました。

こうして彼女の仕事を具体的に想像してみると、めちゃめちゃハードですね。

もっともらえてもいいと思えてきます。



【高宮まりMリーグと契約】収入は400万円ふえた?

お札の上に乗ったブタの貯金箱

前段の考察の中には、この「Mリーグ」の収入は考慮されていません。

この件は、別枠で考える必要があると判断しました。

忘れてた訳ではないんですよ、いや本当に。

彼女が出演した「給与明細」で公表した、

「いろいろまとめて1000万円

の中にMリーグの年棒は含まれていなかったと思われます。

「Mリーグ」ドラフト会議2018が、8月7日。

彼女はここで指名されました。

9月第一週に各チームが所属選手を発表。

「給与明細」の収録はまさにその直後の設定。

実際には直前の可能性もあります。

つまり、

「いろいろまとめて1000万円」の最中に

【優勝賞金5000万円年棒最低400万円】

の環境が上乗せされたのです。

では、「いろいろまとめて1000万円+年棒最低400万円

が現在の年収なのか?といえばまずあり得ないでしょう。

年棒最低400万円は今の麻雀界では破格の待遇です。

「麻雀界のイメージを上げる」

という強い目的も含まれているはずです。

スケジュール的にキャンセルしなければならない仕事だけでなく、

契約上制約を受ける仕事も当然出てくることでしょう。

年収の下がる可能性も低くはないです。

お金だけが目的であれば、絶対に受けない仕事とも言えます。

結局、最初の「1000万円」説に戻ってしまうのはなぜでしょう?

おそらく、これが今の麻雀界が、

1人の個人プロに支払うことのできる限界なのではないか?

と思えるからです。

いわゆる「麻雀の市場規模」です。

彼女がその収入を大幅にUPさせるためには、

会社を立ち上げ、経営者として麻雀界で活動する。

これが最も現実的な道のりではないでしょうか?

他には、

  • 連盟から独立。フリーランスのプロ雀士になる。(リスク大)
  • 「麻雀の市場規模」を大きくする。(長い時間がかかる)

といったところでしょう。

女流プロ麻雀士高宮まり。

彼女が現在頑張っている、

テレビ・雑誌・グラビア・イベント、

そして「Mリーグ」との契約。

その全てが、

麻雀のステータス・イメージの向上。

ファンの増加促進。

麻雀界の発展。

市場規模の拡大に役立っていることは間違いないでしょう。



【勝利の秘訣は気合!】巨乳コンプレックス?プロ雀士高宮まりの経歴

牛のマスクをかぶってガッツポーズ

彼女が麻雀を始めたきっかけは?

グラビア・麻雀それぞれの仕事に対する思い。

どんな恋愛観をもっている?

巨乳コンプレックス?

麻雀を始めたきっかけは?

大学を二浪で悩む→自分はなにをしたいのか?→

昔から頭を使うことが好き→麻雀に興味を持った。

麻雀を知ったのは、漫画『だめんず・うぉ~か~』(扶桑社)を読んで。

…だそうですが、

麻雀を覚えるために雀荘でバイトを始め、

麻雀をおぼえて半年後にプロになっています。

この行動力・自らの決断に対する努力の姿勢。

彼女の非凡さを物語っていると思いませんか?

麻雀・グラビアの仕事について

本人的にはやはり巨乳はコンプレックスの高宮まり。

好きな”ゆるふわ‘’ファッションが似合わないのが悩みだそうです。

日本プロ麻雀連盟からのカレンダー出演依頼で水着になったのがグラビアデビュー。

想像以上に体力を使うグラビアの仕事に驚きながらも、

巨乳で逆に得をしたこととして、

グラビアの仕事ができるようになったことを挙げています。

好きなタイプの男性について

恋愛も麻雀のように攻撃的なのか?

と思いきや、

奥手な方なのだと語っています。

年上の男性が好みで、

「水谷豊」「石田純一」が好きなタイプの芸能人だそうです。

なんと私「じじまが」より年上!

そういうところですよ!

高宮まり彼氏は?結婚は?薬指の指輪の噂

抜群のプロポーションと美貌のグラビアアイドル。

プロ麻雀士でタイトルホルダー。31歳。

これほどの女性に噂が立たない訳がありません。

  • 結婚している?
  • 彼氏がいる?
  • 彼氏とわかれて今は別の彼氏がいる?
  • フライデーされた?

確認できているのは、

彼女が「2種類以上の指輪を左右の指でつけたり外したりしていること」

この件が結婚・元カレ・彼氏の噂を呼んだということ。

フライデーにいたっては、

グラビアの仕事で「普通に写真がフライデーに掲載されたこと」

これだけで「フライデーに激写された」と噂は猛スピードで走ります。

結局、どれも元をたどれば噂だけでしかありませんでした。

だからといって、

「結婚はしていない」「彼氏もいない」

と断定するほうがむしろ失礼な気がします。

「彼氏さんはたぶんいる」「結婚してるかもしれない」

この辺で手を打ちましょう。

私事ですが、結婚って公表のタイミングを逃すと、

もう次のチャンスなかなか来ないんですよね?

プロになって変わったこと

プロになる前は「スピードの信者」で鳴いてばかり。

プロ試験の際にアドバイスを受け、

「鳴かない麻雀」の楽しさ、効能を知り、

ずっと門前重視を続けているそうです。

門前重視と彼女の意思の強さ、あの破壊力の原点ですね。

プロになった当初の自身を、

「小生意気な小娘」と評する高宮まり。

「周りの人たちの指導や激励のおかげで今がある」

と、語っています。

「試合にでたい」「やってやる」という気持ちも、

今では、「自分と向き合って行かなければいけない」

と大きく考えが変わっているそうです。

ひとつひとつの経験・出会いをとても大切にしてきたんですね。



戦う高宮まりを見よう【AbemaTV】

高宮まりが活躍しているMリーグの試合やタイトル戦。

やはり映像で見たいものですよね?

【Mリーガー強さランキング】女流麻雀プロ12人の一覧-2021-

AbemaTVならMリーグで戦うトッププロの麻雀が全て視聴できます。

麻雀以外の番組も(映画、アニメ、ドラマ、スポーツ、バラエティなど)たくさん。

リアルタイムでの視聴なら無料!

登録の必要もありません。

テレビと同じ感覚です。

「放送時間を逃してしまった!」「過去の番組も見たい!」

そんな方におすすめなのが、ABEMAプレミアム14日間無料体験。

月額960円がタダ見放題です。

無料体験期間中に解約すればお金は一切かかりません

麻雀以外のラインナップも豊富。

見放題を思う存分!…あなたは何を見ますか?

今すぐポチって視るAbemaTV 無料体験

新年は高級おせち料理で一杯やりながらⅯリーグ観戦

…なんてどうでしょう?

おせち料理を見る特選おせち料理2021

外出よりも安上がりな贅沢!いいですねぇ~

【高宮まり】まとめ

View this post on Instagram

高宮まり(@takamiyamari)がシェアした投稿

美貌とセクシーな身体だけでなく、

実力とその豪快で攻撃的な打ち筋でファンを魅了する、

プロ麻雀士高宮まり。

第11回女流MONDO杯で強烈な存在感をみせて、

初タイトルを獲得。

門前重視。破壊力のある手作りが特徴。

現在までに4つのタイトルを獲得。

「猛撃のプリンセス」「淑女のベルセルク」の異名を得る。

(ベルセルク=狂乱戦士)

裏腹に恋愛は奥手で年上が好み。

グラビアアイドルとしても活躍。

巨乳コンプレックスもあり。

年収「いろいろまとめて1000万円くらい」

Mリーグに参戦。

麻雀のステータス・イメージUP。

競技麻雀の地位向上。

麻雀界の発展のために大きく貢献。

令和の麻雀界を牽引する

「愛くるしき狂乱戦士」

女流プロ麻雀士【高宮まり】

…でした。

最後までご覧いただきありがとうございました。

網走水産

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする